靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

ノルウィーシ゛ャンが欲しい!

なんだかノルウィーシ゛ャン製法の靴が
欲しくなっていろいろ探してみた。

防水性を高め確りとした靴を
作るのにはうってつけの製法だが、


手間がかかることとソールが堅くなるということから、
ト゛レスラインの靴にはあまり見られない。

しかし探せば結構あるものでフランスの靴に多い。
山岳地方での行脚に防水性が求められるからのようだ。

高級革靴の観点からいうと有名なのはフランスのパラブーツ
アウ゛ォリアッツを始めチロリアンやヒ゛シ゛ネスラインにまでノルウィーシ゛ャンがある。

幾度となく青山店で試着してみたが・・・
なんかぴんと来ない。

履きやすいのだが、
革が軟らかすぎて、

革靴感がないのだ。
そりゃトリッカーズやチャーチと比べることに無理があり、

作りのベクトルが違っているということは、
わかっているつもりだが、

履いてみたい!買ってみたい!
という気が湧かなかった。

雑誌とかではけっこう絶賛しているのだけど、
私は琴線に触れなかった。

同じ骨董通りのJMウェストンはまた別格で、
とっても欲しいのだが価格が10万超えでは手が出ない。

というわけでさらに高級革靴という観点で探してみて
たどり着いたノルウィーシ゛ャンがHeschungエシュン。



ほとんどの商品がノルウィーシ゛ャンで作られ、
ラインナップも充実している。

スキー靴から派生しているのも、
興味を魅かれる。

フランスから輸入してみるか…

靴選びまだまだ修行中です。