靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

観月ありさのユニットか?!コンバーティブル!いえノルベゲーゼ&ヴェルトショーン製法です。

観月ありさって小室ファミリーだったっけ?

ふと思った。

 

ユニット組んで歌ってたなって。

コンバーティブル。

ドラマ『ボーイハント』主題歌。

モデルのKAYATOとユニットでした。

 

1998年 の歌だ

昔だけど今聞いても新鮮だなぁ。

 

作詞MARC&TK・・・

マークパンサーじゃん!

そう考えると、

すごい仕事をいろいろしてましたね☆

 

すごい仕事と言えば、

最近知った靴の製法に

ヴェルトショーン製法というものがあります。

 

グッドイヤーと似ているのですが、

表革をウェルトの上側に縫い付ける ことにより、

 

防水性を高めるのだそうです。

ステッチダウンと見た目同じだけど、

リブの掬い縫いに加え、

表革をウエルトと一緒に

出し縫いしたところが違う。

 

チーニーのLAST4436が

ヴェルトショーン製法。

Wasdale rubber-soled Derby shoe

Burgundy Grainがカッコイイ!

グレインレザーの表革を

ウエルトと一緒に縫い込んでる!
この感じカッコイイかも。

縫い方としては、

忍び掬い縫いノルベゲーゼ製法に次ぐ。

 

でも 忍び掬い縫いノルベゲーゼ製法

名前も含め断然カッコイイ(笑)

 

忍び掬い縫いノルベゲーゼ製法 とは?

アウトドアの厳しい条件にも耐えられる丈夫な作りのノルベゲーゼ製法に、すくい縫いを表の革に穴を開けない忍び縫いにすることで水分の浸入にも配慮し、機能と美しさを両立させた作製法。

 

ねえこんな製法で作った靴売ってるのかなぁ???

 

職人の世界は奥が深い!

やっぱ量産品だけじゃ満足できない。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ