靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

土踏まずが痛かったこと。

本格的に革靴を履き始めて、

2か月位してからだろうか。

土踏まずに傷みが出てきた。

 

結果的に1年半くらい痛かった。

 

どんな痛みかというと、

突き刺すような痛みではなく、

 

常に筋肉痛というか、

指で押すとコリコリしているのが

わかるくらいにこっていた。

 

靴があっていないのか?

ラストを変えてみるか?

いやはやインソール作らなきゃ?!

 

とあたふたしたが、

やはり足が革靴仕様に

なっていないんだと言い聞かせ、

少しづつ慣らしていった。

f:id:achthoek:20180728233929j:plain

それまでは休日はスニーカー、

平日は革靴もどきを履いていたので

ストレスはなく楽な反面、

足は常に怠く疲れやすかった。

 

それから一気に

革靴だけの毎日に切り替えたのだから

無理もないといえば無理もない。

 

スニーカー等のクッションは

膝や腰にはいいけど

 

体全体のこと考えると、

硬い歩き心地のほうが、

体の循環にはいいのだ。

 

という訳で、

革靴の適度な硬さに慣れた体は、

疲れにくく、

 

重さは振り子の原理で、

歩くのを楽にする。

 

だから革靴でも

屈強な靴を慣らして履くほうが

体にいいってわけ。

 

当初はシェットランドフォックスに

トリッカーズのカントリー数足を導入し、

休みの日も履いてたから、

土踏まずが対応できずに傷みを発していたのだろう。

f:id:achthoek:20180728233941j:plain

今ではそんなこともなく、

土踏まずは快適健康です。

 

たまにストレートチップ

お休み指の根元をかまれますが(笑)

 

 

その他の靴ブログはこちら←