靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

サンダル探す?店には同じのばっか!どれでもいいよ~?!と言いながらグラミチにしました!

夏のサンダルです。

 

革靴好きなら、グルカサンダルが注目を浴びてますので、

クロケットとは言わないまでも、

 

パラブーツかシェットランドフォックスを選びたいところですが、

なんか洒脱すぎて履きこなせません。

ビリケンシュトックのALPROとTATAMIを長年履いてきましたが、

天然皮革インソール為、濡れるとなかなかすっきりしないので、

水に濡れてもインソールがじめっとしないタイプが欲しくていろいろ探しました。

 

去年あたりは、

インソールがビブラムという出色の発想で、
脚光を浴びたスイコックSUICOKEが
セレクトショップでは幅を利かせていましたが、

 

今年のセレクトショップSHAKAとTEVAだらけで、

見ているこっちが恥ずかしくなりました。

 

やっぱアウトドアブランドから探すしかないのかと、

いろいろ見てみましたが、

琴線に触れるものがありませんでした。

 

唯一、これは!と思ったのが、

ORPHICオルフィックのサンダルCG。

これはパッと見のデザインと言い、

履き心地といい申し分ないものだった。

足の甲の部分に、

ウェットスーツの素材みたいなフィット感を向上させるパーツがあり、

歩きやすかった。

ソールも適度な硬さ。

柔らかすぎて疲れることもなさそうだった。

さらにセールだったし。

 

ただ小指がどうしてもベルトに当たってしまう。

こればっかりはどうしようもない。

ホントに残念。

いつか別モデルでチャレンジしてみたい。

 

ダナーのサンダルでも買うかー

となかば諦めかけていたところで、

グラミチに出会った。

エスニックな外観とは裏腹に、

マジックテープやボタンもなく、

踵をひっかけるだけという履きやすさ!

ちょっとソールが柔らかいけど、

そんな長距離は歩かないだろ?ということで、

めでたく5千円程度で購入できました。

まだまだ大量に公式HPに残ってます(笑)

見た目より履いてみると安定感あって、

しっかり歩けます!

 

ぜひ適当なビーチサンダルであきらめずに、

素敵な足元を彩ってください☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ