靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

チャーチを磨きました!紙やすりで?!輝けディプロマット!

ちょっと暇があったので、

チャーチディプロマットをキレイにしました。

今回気になっていたのは、

バンプの屈曲部。

 

何度も汚れ落としを行うも、

落としきれず、

 

落としきれていないのに、

クリームを重ね、

 

汚れが蓄積していました。

このあたりです↓

ボディソープで洗う!

とういう方法を実践されていた方がいたので、

 

やってみようかと思ったのですが、

どうも踏ん切りがつかず、

 

物理的に落としてみよう!

と実行に移してみました。

 

今考えれば、

こちらの方法のほうが怖い(笑)

 

①クリーム除去。

 

 クリームで出来るだけ

 余分な色を落としていきました。

 使ったのはなぜかトリッカーズのクリーム缶。

 よく落ちます。

 

両足でこの通り↑

こんな感じになります↑

残ったところを

紙やすりで削ります。

 

②紙やすり

 まず1000番でやってみましたが、

 あんまり落ちなかったので、

 600番→1000番→1500番で削りました。

 

ダイソーで108円です↓

1000番超えるのはダイソー
売ってなかったので、

ヨドバシで取り寄せ。

 

600番で磨くと

こんなになっちゃいますガーン

やっちゃったかなー

って感じ・・・

で600番以降は

水をつけて磨く、水磨きができます、

と書いてあったので

 

少量付けて磨いてみると、

革がボロボロはげる感じになりそうだったので、

ちょっとやって止めました滝汗

 

ひたすら細かい目の紙やすりを

かけていくと傷は目立たなくなり、

つるんとしてきます。

 

③色付け

  あとは通常と変わらないクリームを

 塗っていくだけ。

染料を使っているヴィオラ

クリームを塗りこんで、

KIWIでお化粧しました。

 

染料と顔料の違いは
靴の専門家飯野さんの書いた以下をどうぞ

 

染料と顔料の違いについて

 

だいぶきれいになったと思います。

ただ何らかのコーティングがしてある革は
やらないほうがいいと思います。

汚れが落ちてきれいになりました!

よかったよかった照れ

 

他のブログへはこちら ←