靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

コロニルディアマント個人輸入。

良い評判を聞くも、
価格から購入をためらっていた、
コロニルのディアマントですが、
検索すると何人かの方が輸入されていましたので、
その一人の方が購入したお店へ注文しました。
靴のほそ道(40歳からの革靴とファッション)
ドイツからは輸入出来ないらしく、
英国ロビンソンからの輸入になりました。

なぜかディアマントがセールで
8ポンドほど。
靴のほそ道(40歳からの革靴とファッション)
それでもまだ高いような気はしますが。

ブラック×2
ブラウンタン×2
1909カラーレス×2
靴のほそ道(40歳からの革靴とファッション)
カラーレスも欲しかったのですが、
ディアマントは品切れで、
1909Supermeという最上級ラインのカラーレスを購入。

ディアマントより上のラインもコロニルは出しているのですね。
靴のほそ道(40歳からの革靴とファッション)

1週間で無事届きました。
箱は日本独自の仕様なのか無いようです。

使用感はやはり伸びの良さと上品な光沢感が
他のクリームとは一線を画します。シダーウッドの香りも良いです。

伸びの良さは水分量が多いことに起因するとなると、

水分を極力減らしたシュークリーム、
ヴィオラとは対局にある商品ですね。

どちらも光沢感が良いですが、
使用感と香りはディアマントに軍配があがります。

ただ補色しながら、ツヤと潤いを与えるには
ヴィオラが色素に染料のみを使っているだけあって良いようです。
色の浸透力は違いが出ますグッド!

ディアマント以外だとサフィールより、
ヴィオラのほうが断然いいと思います。

ディアマントはなかなか使い終わりそうにないですが、
次回は1909シリーズのバーガンディも一緒に購入したいと思います。

またまた靴磨きが楽しくなりそうです。