靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

バーガンディ色抜け。

バーガンディの靴に惹かれます。
赤でもない茶でもない魅力的な色ですが、

派手に映るし、割りと服にも合わせ辛そう・・・
でも何故か履きたくなります。

バーガンディとひとくちに言っても、
深みのある色はそうそうありません。

明るすぎず陰影があり、
それでいて発色の鮮やかなものはつい触りたくなります♪

オールデンのコードバン
トリッカーズのバーニッシュカーフは良さそうだったけど、

ドクターマーティンのようなバーガンディだと
のっぺりしていまいちな感じ。
難しいものです。

バーニッシュカーフのバーガンディは
しばらく履くと色が抜けていきます。

↓購入当初のチャーチ


革の中までしっかり染まった革は
履き皺も気にしないで履けますが、

色に奥行きが無く、
かっこ悪いと思ってしまうのです。

私のチャーチは右に深い履き皺が入ってしまい、
そこの色抜けが酷くなってきました。

シューツリーを入れて、
ケアすれば大体元通りになるのですが、

半日も履けばこの通り・・・

そこにはたっぷり乳化性クリームを塗り込みたい所ですが、

大量に塗っても粉吹くばかりで、
革の中に色は付きません。

サフィールクレム、KIWI、ディアマント、ヴィオラ
何を塗っても色は染み込みません。

革に色を入れるという表現は誤りで、
革に色を乗せるというのが正解みたい。

革に色を入れるには染色するしかないのでしょう。

色々試してみて、
クリームは表面の微細な凹凸に入り込むだけで

革には染み込まないと確信しました。

水は一瞬で染み込むのに…
分子のちがいですかね。

マスタングPウォーターみたいに、
一瞬で染み込むカラーを誰か開発してくださいm(_ _ )m

さらに複数の靴磨きのプロに頼んでも出来ないのだから、
仕方ないですね。

でも染色するにはベティスカーフがもったいない気がしたので、
染色は最後の手段としていろいろ試してみたいと思います。

こんな面倒臭いことするなら、
スコッチグレインのインペリアルⅡのほうが
絶対いいと思いますがこれも経験。

チャーチディプロマットの意匠は文句なくカッコイイ!!
大好きなチャーチのために何とかしたいと思います。

という訳で靴選びまだまだ修行中です。


続いて②に続く↓
色抜け補修