靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

ダイナイトのチャーチ。

初めて海外にパターンオーダーしたチャーチ。

ダイナイトソールにして、
左右のサイズを変えて、

バーガンディのポリッシュドバインダーでない革を探してもらって、と
いろいろわがままを言ったことが思い出されます。

タイトフィットで注文したので、
だいぶ沈み込んでちょうどよくなってきました。

とは言え右足はワイズが大きかったようで、
深いシワが入ってしましました。

サイズ選びは難しいものです。
久々に会社に行くのに履いて行ったので、

コロニルの1909を塗り込んで、
ケアしました。

そろそろ処暑の砌。
秋に向けて靴のケアをしましょうか。

つま先もまだ修理に出すほどではない。

正規輸入のラバーソールは、
ダイヤモンドソールという薄いものだけのようだが、
やはりダイナイトのほうがカッコイイ!

端正すぎず、
野暮すぎず、

バランスのとれた靴です。

この季節は温度と言い、
湿度と言い、

革には、
よくクリームが浸透するような気がします。



チャーチ、ディプロマット。
成長してます。