靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

チャーチのサイドゴアブーツが欲しい。

 女性誌を見ていると
 サイドゴアブーツが多い。 

 デパートの靴売り場でも多くなる。
 そうすると流行っていると思い一般人は欲しくなる。
 
 私は流行っていると感じたら、
 買いたくなくなる天邪鬼なので、
 欲しくはならないのだが(笑)

 妻が欲しいと言い出した。
 それもチャーチのサイドゴアブーツを。


CHURCH'S Ketsby

 チャーチのレディスは女性誌の露出増と
 ブログ戦略で人気急上昇だ。
 
 チャーチは私も履いているので、
 いいのではないかと思った。

 でもイギリス靴のくせにコストダウンのため、
 イタリアで作っているし、

 ポリッシュドバインダーしかないし、
 あんまり触手が動かない。

 でも実物を見れば、
 かっこよくて買ってしまうかも!
 と思って現物を見に行ったのだけれど・・・

 実物はさらにちゃっちい。
 普通の婦人靴と比べれば、
 高級感があるかもしれないけれど、
 
 一生モノの英国靴には成りえない。
 3万円くらいなら許せるけど、
 68,000円でこれはないよねって感じ。

 個人輸入しようとすると£200に
 送料と関税で円安の今や5万円弱。

 でも英国ブランドのサイドゴア、
 既製品で探すとなかなかない。

 クロケットのサイドゴア茶がプレーントゥだから、
 ブローグありの黒がリクエスト。

 すると更にない。
 オーストラリアのRMウィリアムズHarold Boots
カナダのDaytonまで調べてみたけど、
 女性用のサイドゴアでブローグありはないもんだ。
 
 ロークは掠ったけど、
 買う気がおきず・・・

 という訳で結局のトリッカーズ。




 間違いないです。




革底より、
ダイナイト。

トリッカーズのレディスに、
はやりの華奢さは全く無い。

女性には丈夫さより、
チャーチの繊細さが人気なのは分かる気がしました(笑)