靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

グレンソン?!といえばトリプルウェルトだね!

大好きなんだけど、

持ってない靴、GRENSON。

正統派なのにリーズナブルラインも多く、

親しみやすいうえに特徴的な靴が多い。

 

特に特徴的なのはこのトリプルウェルトのライン!

 

トリプルウェルト製法とは?

 アウトソールとミッドソール、シューズ本体をそれぞれ独立したステッチで縫い合わせるという独自開発の伝統的な技術を用いて作られ、美しく立体的なコバを形成する。

 

最近、このトリプルウェルトが気になっていて、

よく目につくようになった。

 

異様な存在感・・・

もともと幅広なラストが多く、

 

さらに厚みを帯びたこのデザイン。

ノルウィージャンのギザウェルトとは違い段々が効いてます。

 

SHOE&COのトリプルウェルトブーツとか、

BOWENのウッドベリーとか。

しかしやっぱラインナップとしてはグレンソンが豊富。

特徴的でいいです。

 

で Neighborhood×GRENSONの別注を

マリン&ウォーク 横浜で見かけた。

WESCOも以前から別注しているみたいで、

お店の雰囲気は良かった。

 

グレンソンのトリプルウェルトで別注なんて、

なかなかマニアだね。

 

でも知らない人にはこの良さは伝わらないだろうなぁ。

「この特徴的なコバはそれぞれ独立したステッチで縫ってあるんですよ!」って言って

だから?って普通の人は思うよね。

 

まあ考えてみれば革靴の世界なんて、

みんなそんなものですね。

 

ところでマリン&ウォーク。

Neighborhoodはあるし、

DENHAMもあるし今時売れるのであろうか?

さすが横浜だ。

 

デザインと履きごこちはいいのだが・・・

グレンソンに¥108,000は出せない。

 

 

 

 

 

普通に送ってくれるみたいなので、

買うならSALEで輸入だね。