靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

革靴ブランド考。

どのメーカーの靴ブランドがいいかを考えてみた。
まず国産はリーガルがなんと言ってもトップブランド。

でも価格帯が広く、品揃えが良い分選ぶのが難しい。
革の差がぱっと見だとわからないし、
安いやつのほうがゆったりしてて履き易そうな感じ。

国産はといえばヒロカワスコッチグレインを忘れてはならない。
この2大メーカーの靴はどこのデパートにも沢山並んでいた。

それから皇室御用達ブランド大塚製靴
ハッシュパピーなんか作ってて革靴ブランドとしては
目立たないが、M-5というプレステージブランドが評判いい。
伊勢丹メンズや阪急メンズでの大塚ブランドはオリジナルを構築して人気らしい。

ハンドソーン製法を全面に押し出したユニオンインペリアルという靴も出色。
世界長ユニオンという会社が出しているこの靴は
手間の掛かる製法にもかかわらず3万円台から買うことが出来る。
1足は欲しいと思わせるブランドだ。

三陽山長も職人気質高品質イメージで人気がある。
でも内羽根のドレッシーな靴が多いのかな?

代表的なのだとこんな感じ。

これから海外のブランド考に展開するわけだが、
そもそも靴はデザインだけでなく足型がいかに合うかが大前提。
ブランドが気に入ろうとデザインが気に入ろうと自分の足に合わなければ本末転倒なのだ。
じゃあ日本メーカーのほうが日本人の足形に合わせて作っているのだから
いいに決まってるジャンという結論なのだが、

海外ブランドには歴史がありストーリーがある。
やはりファッションアイテムとしてそこは忘れてはならない。

クロケット&ジョーンズ、エドワードグリーン、オールデン、グレンソン、ヤンコ等
海外ブランドを調べ始めて気づいた。
高い!
なんか国産の同じくらいの品質であろう物と比べるとちょっと高いような・・・
これは輸入の際にかかる関税のせいもあらしいのだがちょっと割高。

Saleでいいのに出会えれば、考えることにして国産メーカーで検討を進めることにしよう!
時計はセイコー,スーツはオンワードな感じでいって見ますか?

靴選びまだまだ修行中。