靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

チャーチのダイナイト、踵交換しました!コンサルもディプロマットも元気です!

パターンオーダーで

ダイナイトソールをまとった

我が家のチャーチ2足。

購入して初めての

踵(トップリフト)交換となりました。

 

チャーチ別注の

ダイナイトソールです。

とはいえトップリフトは

通常のダイナイトと同じ。

踵交換なんて、

誰でもできるだろ?!

って思うけど・・・

打たなくてもいいのに、

打った釘が曲がってる・・・

 

まあ許容範囲としますか。

 

いつもはデパートに入ってる
靴修理のお店に持っていくんだけど、

RESHとかRefareとか。

 

今回はたまたま20%OFFやってた

いつもと違う店に持っていったら、

 

こうなった。

いつもと違った店に持っていくと

ろくなことがない。

 

大塚製靴の修理もそうだったし、

御徒町コブラもそうだったし。

 

浮気するなってことですね。

 

でもダイナイトのトップリフトが

3,780円とか4,320円とかちょっと高いよね。

 

4,860円のところもあるでしょ。

ビブラムのほうが安いからと言って、

安易にダイナイトソールなのに

ビブラムのトップリフトにしちゃうと

厚さが違うから気を付けよう。

↑これは革のヒールから

  ダイナイトに取り換えました(BILGRAVE)

 

革を足して同じ高さにしてくれるところはなかなかない。

厚さが1ミリ違うだけで履き心地が変わるし、

疲れやすくなったりするから、

 

なるだけ同じトップリフトをお勧めします。

ダイナイトは結構普及していて、

2万円台の靴にも使われてる。

 

2万円の靴に4,320円出して踵交換するのって、

結構負担に感じそう。

でもそこは必要経費だから頑張りましょう!

そろそろヴィクトリーソールにしたいけど、

置いてるとこがなくって・・・

取り寄せますか?

 

ヴィクトリーソールを付けたトリッカーズ

 

どんどん履いて、

また新しいトップリフトを試そう!

 

チャーチまだまだ元気です☆