靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

ブログをはじめて5年たちます。

2012年2月8日にブログを書き始めて、
今日で5年経ちました。

昔から革靴には興味はありました。
初めて意志をもって買った革靴は、

アメ横での真緑のベネトン
高校生の時でした。

それからはなんとなく履く革靴は、
デパートのセール1万円均一か
イトーヨーカドーのもの。

なんとなく良いものが欲しいと
思い始めたのが、
40歳手前でした。

それから急速に革靴を検討し始め、
2011年からの円高影響もあり、

英国靴を履き始めました。
新しい革靴の世界は,
見るもの聞くものすべてが新鮮で、

歴史ある英国靴の歴史と文化と
礼節を学ぶことができ、

人生の知らなかった部分に
スポットをあて、

知識を吸収するとともに、
生活に潤いを与えることができました。

深く興味をもつものに
出会えたということは、

年齢を重ねてからは
尚更に大事なんだと痛切しました。

しかし革靴だけに飽き足らず、
最近はファッションにも興味を持ち、

特に安いというだけで、
セール品を購入しまくるという愚行に
自己嫌悪になることもしばしば。

英国だけでなく、
仏、独、伊、愛、米などから、

輸入することで確かに
見聞は広まりましたが、

必要なかったかな?
と思うものの購入も
増えてきてしまいました。

持ち物を必要最小限に!
というミニマリストではないし、

無駄が潤いを与えるということは
わかっているつもりですが、

もともとは良い革靴を履こう!
がコンセプトだったはず。

ここでいったん立ち止まって、
思いを整理したいと思います。

革靴を通して学んだことは多く、
とくに皆様から頂いたコメントは、

通常なら
接することのない方々からのもの。

同じ革靴やファッションに
興味を持つもの同士だけに

わかる部分も多かったので、
非常に心地よかったです。

靴のほそ道を
読んでいただいた皆様、


本当に
ありがとうございました!


「足るを知る」ことが
大事なことと肝に銘じて、
精進していきたいと思います。

まだまだ修行中です。

・・・止めるわけではないので、
これからもよろしくお願いします。