靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

ハンドグレードってなに?革靴ってみんな手で作るんでしょ?!

クロケットジョーンズのラスト363です。
ハンドグレードラインです。


ストレートチップのロンズデール(到着時のブログ)
http://ameblo.jp/charlie840/entry-11518928754.html

チャカブーツのミルバンク(到着時のブログ)
http://ameblo.jp/charlie840/entry-11433093864.html

2足とも革質もよく、
端麗な佇まいです。

ところでハンドグレードラインってなに?
靴なんてみんな手作りでしょ??? って最初は思ってました。

だって工場でドンドカできてるイメージはなく、
イトーヨーカドーで売ってる3,900円の靴だって手作業で加工しているでしょ。

でもここで言うハンドメイドとは、
ライン生産とかではなく、

糸を縫うところまで手縫いでやっているかどうか。
ウエルトとソールを糸で縫う訳だが、
縫うのは手縫いかというとそうではない。

ミシンで縫っている。
ミシンで縫うところまで手作業のものを、ハンドメイドとしているのである。

ただ靴制作のどの工程にも高い技術が必要で、

簡単にできるものではない。

ハンドメイドにも九分仕立てとフルハンドメイドがあり、
オーダーの際には値段もだいぶ違ってくる。

ミシンで縫うところを手縫いなら、
時間もかかるし力も使う。
それを100%の部分でやれば値段も当然上がる。

どうして手縫いがいいかというと、
繊細なラインを表現できるから。

とくにウエルトをくびれさせたいとか、
細かいピッチで縫うとかなのかな?

出来上がりは素人目にはわからないけど・・・
こだわりの世界です。

という訳ですべて手縫いのようなレベルの靴ですよ、と言いたいわけです。
クロケットのハンドグレードライン。

革質はクロケットの通常ラインと明らかに違うけど、
履き心地はどうなんだろう?

通常ライン持ってないのでわからないチーン
すいません。

大事に履きこんでいきたいと思います!