靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

円高と革靴。

英国離脱(Brexit)によって、
経済は混乱しているが円高になった。

アメリカドルに対しても、
UKポンドに対しても。

私が靴を買い始めたのは、
2012年。

その頃も円高だった。
USD1=80円、
GBP1=130円だった、約。

それから円安が進み、
個人輸入も大して価格差がなくなり、

セール品以外は買わなくなった。
2012年の円高の時は、

パターンオーダーしても、
国内の希望小売価格より安かった。

「どうなってるんだ?」と
素朴に思った。

これが一種の市場のゆがみだと知った・・・

そしてBrexit
また円高の恩恵を受けられる時が来た。

今度USD1が100円を切ったら、
買おうと思っていたブランドがあった。

そうオールデン。
日本ではコードバンがないないと言っているが、

アメリカにはあるし、
各国のセレクトショップでは、

シーズンごとに別注モデルが
ラインナップしていた。

◆お気に入り↓

The Bureau Belfast
https://www.thebureaubelfast.com/brand/alden-for-the-bureau-belfast

Leffot
https://leffot.com/shop/index.php/shoes/alden.html

Frans Boone Store
http://www.fransboonestore.com/collections/alden

一度履いてみたいと思ってたので、
この機に注文してみました。

無事届きますようにニコニコ