靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

TATAMI by ビルケンシュトック。

大好きなタタミ。

なんだか廃番になるらしい。

21世紀になる前、

初めて出会い履き続けてきた。

 

ということは18年になるか。

オールソールもしたけどまだまだ表革は現役。

ビルケンのモンタナとデザインは似ているが、

ベロ付近の形状が異なり、

シャノンが大好きだった。

現在は日本製だが買ったときはまだドイツ製だった?

定かではないが、

フットベットのデザインが異なっている。

現在の日本製のタタミは

フットベットのコルク増量プラスクッション入りで、

ビルケンシュトックの通常ラインより、

明らかに履きやすい。

なかなか比較できるお店もなく、

差を明確に説明したものに出会わないので、

 

知る人は少ないが、

タタミ独自の機能性は明らかに良かった。

 

なので廃番になると聞いて、

日本製のビルケンシュトックを買っておこうと、

同じものを買いなおした。

同じ靴を買うのは初めてだ。

セールで半額で買えるのも見逃せない。

夏に向けてサンダルも買っておこうかな。

 

AkabaかMississippiが候補です。

またいつか新製品出してくださいね。

新旧揃い踏みウインク

革靴というよりサンダルですが、

 

やはりいい靴はイイ!