靴のほそ道~革靴手入れシューケア 靴磨きShoes&Boots&Shoecare   

革靴や服を手当たり次第買っていたころは過ぎ去り、手入れして長く履くことに比重を移してきました。今後はシューケアを第一に靴たちの様子を綴っていきたいと思います。

オールソール交換②

REGALの靴なので、
まずは銀座REGAL TOKYOに持ち込んでみました。

「これは限界まで履いてしまったほうが良いですね」

あっさり、しかし控えめに丁寧に断られました。

やはり1万円程度の靴で、
それ以上の費用をかけてソール交換なんてするもんじゃないようです。

靴のほそ道(40歳からの革靴購入法)
でもしてみたいんで、今度は銀座三越のRESHに持ち込みました。

ここは修理屋さんなので、
断られることはありませんでしたが、

どうやらこのREGALはグッドイヤーではなく、
マッケイ製法の靴。

ウェルト(アッパーと底を縫い付ける部分)の痛みも激しく、
その交換も必要とのことで費用プラス・・・

でもオールソール交換を経験してみたかったので、
約15,000円の費用には目をつむり、やってもらうことに。

ラバーソールを考えていたので、
ビブラムのダイナイトタイプにしました。

ビブラムソールはハイキングシューズによく使用されていたので認知していましたが、
そのときはダイナイトはよく知りませんでした。

「ダイナイトよりビブラムのほうが、
耐久性がよく、すべりも少ない」とお店の方は言っていたので

それについてはいつか検証してみたいと思います。
さあ出来上がりは3週間後とのこと。
どんな感じか楽しみです!

靴選びまだまだ修行中。